アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
7日間スラッガー養成プロジェクト
ブログ紹介
野球上達するなら7日間スラッガー養成プロジェクト!
zoom RSS

7日間スラッガー養成プロジェクト レビュー

2012/02/17 16:18
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト




どんなタイプのバッターでも長打力は必要

飛距離をアップすると言うと、
「飛距離を伸ばすよりまずはミートさせたい・・・」
「まずはヒットを打てるようになってから・・・」

と思うかもしれませんが、これは大きな間違いです。

スラッガーと呼ばれるために何よりも必要な能力が長打力ですが、
実はこれはどんなタイプの打者にも必要なものです。
1番タイプのアベレージヒッターでも、バントが仕事の2番打者でも必要です。

その理由は守る立場になって考えれば分かり易いでしょう。  

長打力があると言う事は、速い、力強い打球を飛ばせると言う事。
そして、どんな人でも、速い打球が飛んでくるかもしれない打者は怖いもの。
これはプロもアマも同じです。この恐怖心を持っているプレイヤーは、
エラー確率が高くなりますし、前に出てくることも出来ません。

逆に、長打力のないバッターを目の前にした場合どうでしょうか。
飛んでくるボールの速さもたかが知れていますし、
そのボールの処理は簡単なものです。
つまりヒットを打たれてしまう可能性は、非常に低くなるのです。

また、速い打球を打てるメリットは、
エラーや判断ミスを誘うだけでは御座いません。
速い打球を打てれば、それは野手の間を抜ける確率も上がります。

外野の頭を越えていくこともあるでしょう。
その場合は打球が速ければ速い程、
外野手が追いつくまでに時間がかかります。
このように長打力があると、ヒットを打てる確率はグっと上がるのです。
つまり、バッターにとって長打力は必要不可欠なものといえます。
野球上達
バッティング能力を大幅に向上させる
秘訣とは?

では、バッティング能力を向上させ、長打力を身につける秘訣とは何なのか?

これは、わたし達が今までに数え切れない程の
スラッガーを育て上げて来たからこそ言える事ですが、
バッティング能力を向上させるのは非常に簡単なんです。

何故なら、バッティングが上手くいかない理由は7つしかないから。

7日間スラッガー養成プロジェクト

7日間スラッガー養成プロジェクト

「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

この7つの中のどれか、
又は全てができていないと、バットの芯に当たらなかったり、
芯に当たっても飛距離がでないという現象が起きてしまうのです。

これはバッティング初心者から現在スランプに陥っている人まで全てに言える事です。

では、その7つの理由とは何なのか??
それは・・・・・

(1) 肩に力が入りすぎる

バッターボックスに入って、
肩に余計な力が入りすぎている人は非常に多いです。
これでは、スイングがバランスの崩れたものになり
本来の力がまったくだせなくなってしまうのです。
(2) ボールを引きつけて打てない

ピッチャーの投球モーションになかなか合わせることができず、
ボールを引きつけて打つことが出来ない。
こうなってしまうと、バットの芯に当てることができず、
ぼてぼての内野ゴロ等で打ち取られてしまいます。

(3) ステップした時に体が開いてしまう

特にバッティングに悩みを抱えている人たちは、
「打ちたい」と気持ちが強いために体が開いてしまいます。
このステップしたときに自然に体が開くクセが、
バッティングスランプを呼んでしまうのです。

ピッチングスピードアップ!プログラム

ピッチングスピードアップ!プログラム

【野球】球速10km/hアップ?少年野球、高校野球、プロ野球まで実践中!

3ヶ月で15kmアップ!ピッチングスピードアップ!プログラムWBC,オリンピック日本代表,プロ野球選手コンディショニングコーチ森部氏による球速UP実践DVD。効果がなければ全額返金。

萩原流 ジャストミートセオリー

(4) 前に突っ込んでしまう

スイングの際に前に突っ込んでしまうと言う事は、
いわゆる「迎えに行く」スイングになっていると言う事。
これでジャストミートさせることができず、
飛距離がでるはずが御座いません。

(5) バットが下からでてしまう

「バットが下から出てしまう」
これもバッティングに悩んでいる人に多く見られがちな悪いクセです。
軸足が折れてしまい、振ったときにバットが寝て下がってしまっていては
ボールにすら当てることが出来ません。

「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト


(6) ドアスイングになってしまう

ドアイングとは、トップからミートにかけて
バットヘッドが遠回りをして出てきてしまうスイングです。
このドアイングになると言う事は
ヘッドが先に出てしまうと言う事。
こうなると内角のボールが殆ど打てなくなってしまいます。

(7) バットがなかなか出てこない

全打席ヒットの時もあれば、
全打席三振の時もあるのがバッティングですが、
不調な時はバットがなかなか出ないものです。
こうなってしまうとさらなる不調を呼び、
打てるものも打てなくなってしまいます。

これらが、バッティングが上手くいかない7つの理由です。

もしかしたら、
「自分の状態が分からない」
「どこができていないのか分らない」
という方もいるかもしれませんね。

しかし、それは当然のことなので気にする必要は御座いません。

一般的に、自分のスイングがどんなものなのかを
理解している人のほうが少ないでしょうし、
この7つに焦点をあてトレーニングするだけで
バッティング能力はあっという間に向上し、
飛距離がぐんぐん伸びていくのですから。

これはわたし達が今までの野球人生で培ってきたトレーニング法ですし
スラッガー育成に成功したトレーニング法。

だからこそ断言出来るのです。


>>更に詳しい内容はこちらから





記事へトラックバック / コメント


月別リンク

7日間スラッガー養成プロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる